東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

保育士が働ける所ってどこなの?

人口減が進み生まれて来る赤ちゃんの数が増えない中でも、人材が不足している職業があり、その1つが保育士です。
少子化が進む中で不思議と感じる人も多いかも知れませんが、女性の社会進出が進み、共働き夫婦が多くなったことや、核家族化の影響も多く受け、保育園に子供を預ける必要性を感じる家庭が多くなったことで、保育園、保育士不足が続くようになっています。
しかし、誰もが簡単に保育士になれるわけではありません。
保育士になるためには国家資格が必要になり、大学や保育士専門学校等に入り資格を得る方法か、個人的に資格取得を目指すことになります。

保育士の仕事はどんなものかを考える

保育士の仕事は、子供さんを預かり、時間内だけ一緒にいれば良いと言うものではありません。
また働く女性が増えたことから、その働く時間帯の幅も広くなり、長時間に渡って子供を預かるようにもなって来ています。

保育士として求められるものに、子供が好きと言うことは当然なことになりますが、その子供たちやその保護者から信頼され、愛される人であることが求められます。
小さな子供たちは、一瞬のスキをみて危険な行動を起こすことが考えられるため、常に子供たちの行動をキチンと把握しておく必要があり、常に緊張感を持つ必要がある仕事でもあります。

子供たちと積極的に接することは当然のことでが、保護者との信頼関係も非常に大切ですし、保護者へ対して連絡や報告をキチンと行うことも大事な仕事となっています。
そのためにも、子供たちへの目配りを常に行っておき保護者とも上手にコミュニケーションを取る工夫も必要になっています。

保育士としての資格を得るためには

保育士になるためには国家資格が必要で、それを取得するには2つの方法が考えられます。

まずは学校に通わず国家試験を受ける方法があります。
この試験は、年に一度、それぞれの都道府県において実施されます。試験に合格することで、資格を取得出来ることになります。

もうひとつの方法として、厚生労働省が指定する4年制大学もしくは短期大学、保育士養成専門学校等を単位を得て卒業することで、自動的に資格を得る方法があります。
この時、大学や専門学校を卒業することで、進路指導がキチンと行われることで、就職もしやすい環境にあることは、間違いありません。

なお、自身で国家資格を取得した場合では、自分自身で就職先を探すことになり、煩わしさを感じることになるかも知れません。
人材不足の時代でも、学校推薦等があることで、就職が有利に働くことになります。
また、以前は女性ばかりの職場と言われていましたが、時代の変化と供に男性の保育士も増えて来ています。

保育園だけではない保育士の仕事先

この保育士資格を持つことで、その資格を活かせる職場は保育園だけに限らないことを知っておくべきです。
多くの人は、保育園で働くことを希望すると考えられますが、乳児院児童擁護施設などで働くことも出来ます。
また、児童の健全育成を目的とした施設である児童遊園や児童館などの児童厚生施設に勤務することや、保護者がいないとか、虐待されているなどの子供の自立援助を目的とする児童擁護施設等で働くことも可能となっています。

 

保育士の仕事は、体力と気力が大事になります。
子供たちと遊んで時間を過ごすだけではなく、子供たちから信頼を得て、その日の体調をなどの管理がきちんと出来、更には保護者への報告もきちんとで出来ることが重要です。
また、子供たちの表情を読み取ることも大事な仕事になり、何を訴えているのかをいち早く知ってあげることも必要です。
子供たちは、全てを口に出して訴えて来る訳でありません。
日頃の動性から、その変化を見抜いてあげるのも仕事のひとつと言って良いでしょう。

言葉使い、見出し並みなども十分に気をつけ、子供たちの見本となることも大切なことです。