東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

保育士専門学校にはどんな学部・学科がある?

保育士専門学校にはどんな学部・学科がある?

医療従事者と引けを取らないほど、女性から人気の高い保育士さん。

小さな子供が大好き

子供たちに囲まれて仕事がしたい

という人にとっては、まさに天職とも言えるでしょう。
保育士になるためには保育士専門学校へ入学し、保育士に必要なスキルを身に付けます。
一口に保育士と言っても、幼稚園や保育園で園児たちの面倒を見る先生というイメージが根強いですが、実は保育士専門学校には、様々な学科やコースがあります。

 

保育科とこども総合学科の違いとは?

保育士専門学校には保育科と、こども総合学科というものがあります。
これらの学科の違いとは何か、まずは保育科は2年制、総合学科は3年制です。
保育科とは、保育士資格や幼稚園教諭という資格を取得する事が可能です。

どちらも国家資格で、卒業すると金は専門士・短期大学士・社会福祉主事任用資格といった学位や資格に称号を得ることが出来ます。
他にもチャイルドボディセラピストや自然体験活動指導員など保育士に必要な様々なスキルを2年間でしっかりと身に付けることが出来ます。
授業では幼児体育に心理学、保健や音楽など保育士や幼稚園教諭に必要な知識をしっかりと勉強できます。

 

〇こども総合学科は様々なコースがある

こども総合学科は様々なコースがあります。
こども心理コース・スポーツコース・病児保育コース・音楽コース・食育やおもちゃコースなど自分の目的にあったコースを選んで3年間そのコースに対する知識をしっかりと学んでいきます。

 

◆心理コース
心理コースは子育てカウンセラーとして認定され、子育てに悩んでいる保護者やこどもの心に寄り添えるような子育てカウンセラーを目指して学習していきます。

◆スポーツコース

スポーツコースはこども運動指導者認定の資格を取得し、幼児体育関連施設で将来働きたいという人にとって就職に有利な資格となります。
体を動かすことが大好きなこどもから運動が苦手なこどもでも、それぞれの成長に合わせた体操やレクリエーションの提案や実施を行っていきます。

◆病児保育コース
病児保育とは、保育と看護を同時に行う専門職です。
医療や専門知識が豊富な先生になる事が出来、病児保育施設への就職に有利になります。

保育現場での小児事故を防ぐための環境整備から救急方法、心と体の成長のサポートをするために専門知識を学びます。

◆そのほかのコース
そのほかの音楽や食育、おもちゃコースは音楽やおもちゃを通して子供たちとコミュニケーションをとったり、食をとおして食べることの楽しさと命の大切さを子供たちと共に学んでいきます。

 

目的に合わせた学科やコースを選ぶことが出来ます

ただ子供を時間まで預かって面倒を見ることが保育士や幼稚園教諭の役目ではありません。
子供の心に寄り添ってケアを行っていくカウンセラー、身体を動かす楽しさを教えるスポーツコースに病院で入院している子供の保育を行う病児保育など目的に合わせて様々なコースを選べます。
どのコースも子供に寄り添いながら働くことができる為、子供が好きで子供と関わり合っていく職業に就きたい人にはどれもお勧めのコースです。

〇国家資格に合格する必要がある

国家資格に合格をする必要がありますが、各学校では国家試験対策もきちんと行っています。
基本的に実習が多い学科ですが、実習をして様々なことを経験してこそ、卒業後も保育士や幼稚園教諭としてしっかりと働くことが出来ます。 また、今は育児で悩んでおり誰にも話せず困っている保護者の方も沢山います。
そんな保護者のかたの気持ちに寄り添っていけるのも、保育士や幼稚園教諭の役目です。

〇オープンキャンパスに参加しよう
各学校ではオープンキャンパスを実施しています。
オープンキャンパスでは実際の授業で行われていることを体験できます。
自分の学校選びにオープンキャンパスへまずは参加しましょう。