東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

保育士専門学校でピアノの技術は向上するの?

保育士専門学校でピアノの技術は向上する?

女性に人気の職業でもある「保育士」。
可愛い子供に囲まれて、毎日楽しく仕事が出来るというイメージが強いことから、根強い人気があります。
保育士になるには専門学校に入学し、保育士に必要な知識を身に付け実習を経験し、国家資格を取得する必要があります。
そんな保育士さんは、ピアノを弾いて園児たちと一緒に歌ったり踊ったりします。
そのため保育士さんはピアノを弾けなければいけません。
ピアノ何て演奏したことがないため、保育士になれるか不安を抱いている人も居るでしょう。
では、保育士の専門学校に入学する人は元々ピアノが弾ける人ばかり合格しているのでしょうか?

 

ピアノが弾けない人でも大丈夫

保育士の専門学校へ入学する人すべてが、最初からピアノを完璧に弾ける人は居ません。
もちろんピアノを習っていて弾くことは得意という人も居ます。
では、弾けない人が弾けるようになるにはどうすればいいのでしょうか。

〇専門学校の授業
保育士の専門学校ではピアノの授業があります。
始めは基本的なドレミから始まり、片手で弾ける曲から左手で弾ける曲、そして徐々に両手で弾けるような曲へと少しづつレベルがアップしていきます。

 

〇学校で残って練習する

ピアノを習ったことがない人は両手での演奏になったときに左の手と右の手がぐちゃぐちゃになってしまったり、リズムに乗れないなど必ず壁にぶつかります。
でも大丈夫です。
各学校によってピアノ室という部屋があり、練習用のピアノが何台かあり、放課後練習をすることが出来ます。
自宅にピアノがない、アパートで音を出すと周りの人に気を使うという人が学校で残って練習を行っています。

 

〇ピアノのテスト

また、学校ではピアノのテストを行っています。

最初の頃の左手や右手で弾くパートから両手で弾くパートのテスト、1曲ごときちんと弾けているかテストを行っていくので、合格しなければ合格できるまでテストを受け続けます。
なので、弾けなくて困っている人も必死に自主練習を行うので入学当初はピアノが弾けなくて不安だった生徒も、卒業するときにはしっかりと演奏できるようになっています。

 

〇実習でピアノを園児たちの前で弾く機会も‼

保育士は長期間保育園や幼稚園実習を行います。
保育士になるためには定められた時間、実習を受ける決まりがあります。
この時にも実際にピアノを園児たちの前で弾く機会もあるので、自然と必死に練習をするようになります。
園児たちと一緒に歌って踊ることも出来る為、今までピアノが苦手だった生徒も、ピアノを演奏する事が楽しくなったという人も居ます。

 

練習を重ねれば誰でも弾けるようになります

誰でも最初からピアノが完璧に弾ける人は居ません。
練習の積み重ねでピアノは弾けるようになります。
弾く曲目もプロのピアニストが弾くような本格的なものではなく、キラキラ星やドレミの歌など幼児向けの曲を演奏するため、誰もが一度は聞いたことのある曲なので、自然と頭に入っていくことが出来ます。

もちろん、弾けなくて困っているという人は、放課後ピアノ室で自主練を行って復習をしたり、教諭にお願いしてマンツーマンで教えてもらう事も勿論可能です。
なかなか上達しなくて困っている人は、一度教諭に相談をしてみてはいかがでしょうか。

幼稚園の先生はピアノを弾けることが条件ですが、自分の演奏している曲に合わせて園児たちが歌ったり踊ったりしている姿に最初は感動する先生もいます。
特に園児たちはお遊戯会など保護者の前でお唄を披露することが大好きです。
それには先生のピアノの腕にもかかります。
最初は難しくて途中で投げ出したくなるかもしれませんが、練習をすれば必ずピアノの技術は身に付けることが出来ます。
諦めずに毎日コツコツ練習をつづけましょう。