東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

保育士専門学校の奨学金制度について

保育士専門学校の奨学金制度について

今、専門学校だけではなく大学でも奨学金制度を利用して入学する生徒が増えていることから、決して奨学金を利用して入学することは珍しい事でも恥ずかしい事でもありません。
自分の稼いだお金で奨学金を返済していくため、逆に必死になって勉強に勤しむ学生も増えています。
保育士専門学校でも、奨学金を利用して入学することは可能です。
ですが、一口に奨学金と言っても様々なコースがある事はご存知でしょうか。
これをしっかり理解をしなければ将来返済に苦労することになります。
では、奨学金制度とは一体どんな内容なのでしょうか。

 

中には返還の義務がないものも

奨学金にはまず利息が付くものと付かないものの2種類があります。

〇第一種奨学金

まず無利息の奨学金、つまり第一種奨学金ですが、自宅通学者若しくは自宅外通学者によっても金額に差があります。
この場合、一人暮らしなどを行っている自宅外通学者の方が奨学金の借り入れ金額は高くなります。

 

〇第二種奨学金
つぎに第二種奨学制度ですが、3万・5万・8万・10万・12万の中から自由に選択することが出来ます。

もちろん期間中はこの金額を変更することが出来ます。
ただし第二種奨学制度には利息が付きます。
この利息の金額と返済が出来る金額のバランスをしっかりと考え、将来十分の負担にならないように、しっかりと考えたうえで奨学金を利用するようにしましょう。

 

〇返済義務のない場合

奨学金の中には返済の義務がないものもあるのはご存知でしょうか。
これは各自治体によっても異なってしまうので、必ずすべての地域や学校が対象という訳ではありませんので注意をしましょう。

◆成績が優れている者
ではその内容ですが、まず1つ目は成績が優れているものです。

高校卒業時の成績の全体平均が4.3以上の者

◆指定校推薦で入学した者
2つ目は減免というもので、指定校推薦で入学した者。

◆学業成績。人物ともに優れていて就学援助を必要とする者

3つ目は学業成績や人物共に優れており、経済的理由により就学援助を必要とする2年生以上の学生数名。
学業成績が優秀で、その中でも特に優れている3名は返還の義務がありません。
保護者の急変によって学費支弁を継続する事が極めて困難になった場合です。
これらには奨学金返還の義務はありません。

 

〇日本政策金融公庫「国の教育ローン」

そのほかの奨学金に関しては、日本政策金融公庫いわゆる国の教育ローンです。
これにも基準があり、

大学・大学院・短大・専門学校や予備校などに在学する方の保護者で子供が1人の場合

世帯年収が790万円以内の場合

に利用できます。

愛知県の場合は保育士就学支援というものがあり、卒業後に愛知県内の保育所において業務に従事しようとするもので優秀かつ経済的に支援を必要とする学生1名に対して月額の金額や入学準備金、就職準備金を受け取る事が可能です。
利用できる人数は限られてしまいますが、各自治体のホームページを確認し、こういったサービスがあるか確認をするようにしましょう。

 

自分のペースで返済が出来るコースを選びましょう

今社会問題の1つにもなっているのが、奨学金を返済できずに困っている卒業生がいることです。
それは、経済状況が悪く、働きたくても働くことが出来ない、働いても給料の手取りが少なく自分の生活を維持していくのも困難な状態。
こういった人は今たくさんいます。

本当に貧困で困っている生徒は、学校によって無利息の奨学金を勧めてくれたり、成績が優れている生徒に関しては返還義務がない奨学金もあります。
どのコースの奨学金を利用できるのか、また将来無理なく返済するにはどうすればいいのか、各学校にはこういった悩みを解決してくれるアドバイザーのような方が在籍しています。
大きなお金が動くわけですから、将来しっかり返済が出来るようにプランを設計してもらうのもいいかもしれません。
決して奨学金を借りて入学する事は珍しい事でも恥ずかしい事でもありません。
本当にこの学校で将来の為に学んでいきたいと感じたら、一度相談をしてみましょう。