東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

東京福祉専門学校

比較ランキング第4位は、東京福祉専門学校です。東京福祉専門学校では毎週金曜日に100人の子供たちが学校にやってくる「こども教室」の授業が開かれ、子供たちと関わりを持てる機会の多い保育士専門学校となっています。

実技を中心としたカリキュラムが組まれていて、座学は全体の30%。保育士になったときに役立つ実践的なスキルが身につけられます。

奨学金や学費サポート、就職サポートも手厚くしっかりしていますが、幼稚園教諭を希望する場合は追加の学費が発生してしまうので注意しましょう。

毎週100人の子供たちが学校にやってくる

東京福祉専門学校では、毎週金曜日に100人の子供たちが学校にやってくる「こども教室」の授業が開かれます。生徒は子供たちの年齢や興味に合わせた、「子育てひろば」「どれみきっず」「こどもアトリエ」「障害児ひろば」の4つの教室の中から好きな教室を選んで、2年間の在学中毎週子供たちと関わります

「子育てひろば」は0歳から2歳までの赤ちゃんとお母さんがいる教室で、赤ちゃんが好きな人にはぴったり。「どれみきっず」は2歳の子供たちが対象で、楽しく歌を歌ったり楽器を作ったりして遊びます。これは音楽好きの生徒から人気のある教室です。「こどもアトリエ」は3歳以上の子供たちと図画工作を楽しむ教室で、1対1で子供たちと関われるため生徒にとっても刺激のある内容になるでしょう。

「障害児ひろば」は障害のある子供たちと楽しい時間を過ごす場所です。ハンディのある子供たちと関わることはきっと、あなたが保育士として活躍していくよい経験になるでしょう。

座学は全体の約30%!実技中心のカリキュラム

東京福祉専門学校の特徴として、カリキュラムの内容が実技中心となっていることが挙げられます。座学は全体の約30%で、それ以外の時間は全て演習や実習にあてられます。ただ教科書を読み進めるだけの授業ではなく、子供たちや実際の保育現場を意識して学べるため、より実践的な技術が身につけられるでしょう。

また東京福祉専門学校では、学研とコラボした教育が行われていて、保育士であれば必ず読んでいる保育雑誌を教科書にしたり、最新の知育玩具が取り入れられた授業が行われたりしています。

「学研知育ゼミ」や「学研教材研究」などの授業もあり、他の保育士専門学校とは一味違った授業を受けられます。学研と教育提携しているため、学研の保育施設である「ココファン・ナーサリー」への就職もしやすくなっています。

奨学金制度や就職サポートも手厚い

東京福祉専門学校では経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、日本学生支援機構の奨学金制度が設けられています。

この他にも学科によって様々な学費サポートが用意され、保育士になりたいけど学費が払えるか不安、という方でも頑張り次第で学校に通いやすくなっています。完全予約制の「学費相談会」というものも利用できますので、自身にあわせたサポートがどれがいいのかわからないという場合は活用してみるのもよいでしょう。完全個別対応のため、不安なことは納得のいくまで聞くことが可能です。

また、就職サポートが手厚いのも東京福祉専門学校の特徴。昼間部の卒業生の就職率は100%で、専門就職率も96.2%と高い水準です。キャリアセンターが中心となってサポートしてくれるので、学校全体で2万9千件を超える求人の中から一人一人にぴったりの就職先を見つけることができるでしょう。公式HPでは「就職できるのは当たり前!」としているので大船に乗ったつもりで、安心して保育士資格の取得に向けた勉学に励むことができるでしょう。

幼稚園教諭の取得を希望する場合は追加の学費がかかる

東京福祉専門学校の2年制の昼間部では、学費は約211万円となっています。2年間で保育士と幼稚園教諭2種の両方を取得することもできますが、保育士だけでなく幼稚園教諭2種の取得も希望する場合は短大併修型となり、追加の学費が発生してしまうので注意が必要かもしれません。

学生生活を全面的にバックアップ!

勉学に集中できるよう、東京福祉専門学校では学生のバックアップにも力を入れています

① 健康管理
学園のクリニックが健康をサポートしてくれます。内科・歯科の受診が可能で、健康管理費から負担されるため安心です。健康診断も年1回行われています。

② 学生寮
東京福祉専門学校の周辺に18棟の学生寮が完備されています。「寮長常駐の食事付きタイプ」「寮長常駐の自炊タイプ」「寮長常駐なしの自炊タイプ」があり、自身の好みに合わせて利用することが可能です。寮長常駐なしタイプは一人暮らしと変わらない生活を送ることができるので、一人の時間を多く持ちたいという方におすすめです。

この他にも、学生サービスセンターを設けており、安心して充実した学生生活が送れるようサポートしてくれます。気になる方は、公式HPや資料請求、オープンキャンパスを利用しチェックしてみてください。

東京福祉専門学校を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・本気で保育士を目指す人のための学科

働きながら学校に通う学生の気持ちをしっかり受け止めてくれます。1番不安なのが実習だと思いますが、一人ひとり時間を作って相談にのってくれるので、安心して実習に取り組むことができます。日誌や指導案の書き方、部分実習ではどのようにしたらよいかなど、授業の中の発表を通して、自分のものにできます。児童文化財も授業の時間の中で作ることができるので、プライベートの時間も確保できます。学科関係なく、どの先生方も優しく接してくれるので、安心して学校に通うことができます。電話対応もしっかりしてるので、学校にいく時間がないときでも電話で相談にのってくれます。毎日笑顔で学校に通うことができるのでおすすめです。講師の先生方の授業は、実際に現場にいたときの体験談を話してくれるので自分の糧になります。内容も面白いもので、どんどん学びたいと意欲が出ます。
引用元:https://www.minkou.jp/

→東京福祉専門学校の特徴として、働きながら学校に通う生徒の気持ちをしっかりと考えながら運営をしている点です。実習の授業では、生徒一人ひとりの時間を作って相談にのってくれるため、かなりためになるのではないでしょうか。投稿者さんも言っている通り、どの先生も非常に優しいので、安心して質問することができるでしょう。先生は、みな現場の経験を生かした授業をするので。それがそのまま自分の糧になります。

・子どもと一番近くで学べる学校です!!

子どもととても近くで関われるので授業で学んだことをすぐに実践したり、学びを深めることが出来ます!!
ピアノが苦手な人も少人数クラスで先生が一人一人ちゃんと見てくれるので練習をすれば上手くなれます!!
模擬面接で実際に施設の方が面接の練習をしてくれるので本番の様な緊張感で練習できるし、面接官の方からどこをどう直したら実際の就職試験で生かせるか等のアドバイスを頂けます。
引用元:https://www.minkou.jp/

→東京福祉専門学校では毎週子どもと関われる「こども教室」の授業があるため、実践の機会に困りません。
こうした機会が多いと、実習や実際に働き始めたときに活かせる事も多いはずです。
また、面接対策を始めとして実際の就職の際に役立つ対策や目的意識を高める為のプログラムの実施など、働き始めるに当たっての不安を様々な面からフォローしてくれます。
こうした取り組みによって、東京福祉専門学校は「就職できるのは当たり前!」と宣言できる実績を作り出しているのです。

学校へのアクセス

東京福祉専門学校:〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5丁目10−32
最寄り:西葛西駅より徒歩8分