東京で通える保育士専門学校5箇所をランキング形式で徹底比較

篠原保育医療情報専門学校

篠原保育医療情報専門学校篠原保育医療情報専門学校は東京都文京区にある保育士養成所です。
ここでは、篠原保育医療情報専門学校の特徴やカリキュラム、キャンパスライフについてご紹介します。

 

篠原保育医療情報専門学校の特色

篠原保育医療情報専門学校は、「個」を重視した学習スタイルを尊重していることが特徴です。
少人数制を徹底し、一人ひとりの学習の進捗度や理解度に合わせることができます。
これは少人数制を徹底しているからこそ、実現できることです。
このような「個」を重視したスタイルの保育士専門学校は珍しいかもしれません。

通常は協調性や周りとの和などの理念が強調されますが、篠原保育医療情報専門学校はあくまで「個」を重視。
学生一人ひとりに向き合うことを大切にするその姿勢は、学生が将来子どもたちと接するときにも役立つはずです。
子ども一人ひとりと真摯に向き合い、個性を大切にして、個性を伸ばす。
そんな魅力を持った保育士として活躍できることでしょう。

また、ホスピタリティの醸成にも力を入れており、徹底的に社会人としての基礎力が叩きこまれます。
保育に関する知識がたくさんあるだけでは通用しないということを理解しているからこそ、現場を熟知したプロがきめ細やかな指導を行い、一社会人として立派に活躍できる人材を育てています。

 

篠原保育医療情報専門学校のカリキュラム

篠原保育医療情報専門学校のカリキュラムは、月から金曜は一日最大で4コマの授業が割り当てられます。
稀に、5時限目や土曜日授業を行うこともあるようです。
一コマの時間は90分となっています。
これはほかの通常の保育士専門学校もほぼ同じでしょう。
授業の内容は、図画工作や社会的養護、教育原理、体育講義に心理学、社会学など、多岐に渡ります。

実習

実習に関しては、一年目の終わりから実際の現場へと出向いて経験を積むことになります。
保育所や幼稚園で実際に「先生」を経験して、保育士としての力を養います。
また、自分の課題点に気付き、それを普段の学習で補えるようにするという目的もあります。

実習に赴く前には、必ず事前学習が行われます。
実習や見学の注意点や目的などを再度確認できるので、実習前の不安を取り除いて、自信を持って実習に臨めることでしょう。
当日も、その保育園や幼稚園の先生などからアドバイスなどをいただけることがあります。
そうしたフィードバックを受け止め、自分のなかで消化し、次に活かすことを繰り返して、保育士としてのスキルを高めていくことになります。

 

篠原保育医療情報専門学校のキャンパスライフ

篠原保育医療情報専門学校のキャンパスは施設が非常に充実しています。
図書館は保育や医療事務などに関する書籍は豊富に揃っているので、自主学習の資料で困ることはないでしょう。
ピアノ実習室では一人につき一台のピアノが割り当てられているので、思う存分練習することができます。
保育園さながらの雰囲気の保育実習室は、本物の保育園にいるような感覚で各種演習を行うことが可能です。

また、学習に関連した施設だけでなく、休憩やレクリエーションの施設も充実しています。
本格的なトレーニングルームでは勉強で疲れた体と頭をリフレッシュできますし、学生たちの憩いの場のラウンジは、日当たりと見晴らしがいい快適空間。
気軽なコミュニケーションの場として、多くの学生に親しまれています。

 

篠原保育医療情報専門学校の就職事情

篠原保育医療情報専門学校では、数多くの保育園への就職実績があります。
それだけでなく、同時のキャリア教育に力を入れているのも特徴です。
目先の就職だけでなく、その先にある保育士としてのキャリアにもしっかりと向き合い、サポートをしてくれます。

キャリアサポートセンターやキャリアサポーター、業界関係者、卒業生などがキャリアをしっかりとサポートしてくれるので、自立した保育士として、社会から必要とされる人材になれることでしょう。